診療案内
診療時間
アクセスマップ
治療案内
白内障・ドライアイ
網膜剥離
アレルギー性結膜炎・緑内障・ぶどう膜炎
眼瞼痙攣
糖尿病網膜症・眼底出血
翼状片
医院案内
診療方法
設備紹介
医療理念
医院挨拶
井上新聞
今日の井上通信
バックナンバー

HOME
 

井上眼科

治療案内 網膜剥離


原因 不明な場合が多いですが近視や加齢による変化に伴って起こる場合があります。外傷やアトピーや糖尿病で起こる場合もあります。
眼の中には網膜に接して硝子体と呼ばれるゼリーのようなものが入っています。網膜に穴のあく原因として網膜の表面に癒着した硝子体が網膜を引っ張ることが重要で、引っ張られている網膜は刺激を光として感じるため、視野の一部が光って見えます。網膜に穴があく時期もこのときが多いと考えられます。光がみえる症状のあるうちは定期的な眼科受診をお勧めします。網膜剥離は網膜に穴があき、そこから液化した硝子体が網膜の下に入り込んで網膜が浮いてくる病気です。
裂孔原性網膜剥離
../images/t_detached/waku3.gif
網膜が引っぱられて裂け目(網膜裂孔)ができます。   裂け目から水(液化した硝子体)が入り込み、網膜がはがれてしまいます。
症状 光視症や飛蚊症が最初に起こることが多いです。急に増強した場合も要注意です。
だんだん周辺からカーテンが閉まるように視野がかけてきて見えなくなってきます。痛みは有りません。
治療 初期にはレーザー網膜光凝固で網膜の穴の周りを剥離しないように固めてしまいます。網膜剥離が進んでいる場合手術が必要になります。
当院での治療はマルチカラーレーザー装置を設置していますので白内障や硝子体出血を伴っている患者さんでも比較的安全確実に治療が行えます。


HOME
PAGE TOP
COPYRIGHT(C)2005 Inoue Eye ClinicALL RIGHT RESERVED.